めいほうの伝統食を学ぶ「聞き書きワークショップ」。
ビスターリマームのおかあさんたちから
教えてもらった里山の料理のレシピをご紹介します。

************
その4 きゅうりの煮物
************

きゅうりの煮物は夏バテ防止
からだを冷やすため、夏つくられる料理です。

畑で大きくなってしまったきゅうりが大活躍します。

カッパがおるで、きゅうりを食べて遊びにいくなよ
川遊びに夢中になっている子どもたちは、よく母親からこう言われたそうです。

冷えたからだは、みょうがを食べてあたためたとか。

塩をのせてかぶりついたり、漬物になったり。
きゅうりの味噌汁が好物、なんてお話も。

_MG_4022

材料
きゅうり

にぼし
地味噌

つくり方

畑で大きく育ってしまったきゅうりは煮物に使う!

1.きゅうりは半分に切って、スプーンで中身をくり抜く
2.1cm〜2cmくらいに切り、水から煮る
3.にぼしをひとつまみ入れ、少なめの味噌でフタをしてぐつぐつ煮る
4.味噌は香りがとぶので、最後に味をみてたす

 

Leave a Comment.