IMG_6963

4月3日火曜日、明宝コミュニティセンター「ゐのま」において、「ひいなあらし(ひなまつり)」が行われました。

郡上のひな祭りは4月3日。

これは旧暦の3月3日が新暦でいう4月3日に当たるから、という説があるそうです。

「梅と桜とウグイスと田んぼ仕事がいっぺんに来る」と言われるほど、明宝は春がゆっくりやってきます。

桃の節句と言われますが、こちらでは3月はまだまだ冬…。

実際に桃の花が咲きだす旧暦に合わせて、ひな祭りが行われるようになったのではないでしょうか。

IMG_6682

ひいなあらしとは、子ども達が「ひいなさま、見しとくれ〜(おひなさま、見せてくださいな)」と、各家庭に飾られたおひなさまを見てまわり、お菓子をいただく行事です。

現在は一般的には途絶えてしまっているこの行事、資料館の分散展示と合わせて毎年行われています。

IMG_0030 IMG_0032

お抹茶と手作りのお菓子の振る舞いや、「おはなしころりん」さんによる紙芝居や絵本の読み聞かせもありました。

春休み中の学童保育の子ども達や、デイサービスのお年寄りで大変賑わっていました。

IMG_0056IMG_0005