梅や花桃では、一本の木に白、ピンク、赤など複数の色の花が咲くことがあります。
一般には、「咲き分け」とか、源氏と平家の旗の色にちなんで「源平咲き」と言われています。
その年によって、赤い花が多かったり、白い花が多かったりするようですよ。

それぞれの個性が共存して美しい花を咲かせている。
今日の明宝のようですね。

スクリーンショット 2016-04-20 9.44.41

nanashinbo  okumura

20150320_B2観光ポスター_ol_web
(画像クリックでPDFへ)

東京や名古屋など、大都会での桜のニュースをよく見かける昨今ですが、明宝では、その来たる春に向けて観光PRポスターもとうとう完成。色鮮やかなせせらぎの春、たくさんの方のお越しをお待ちしています。

特に國田家の芝桜は、毎年渋滞が発生するほどの名所。。。
明宝観光協会の開花状況情報をこまめにチェックすることをおすすめいたします!

iwa

明宝小川地区は“はなもも祭り”。2000以上の花桃が小川の遅めの春を鮮やかに彩ります。

イワウチワ、チューリップ、カタクリなどなど……。

5月、住民のみなさんが一体となって推進する「花いっぱい運動」のおかげで、街道沿いではさまざまな花と香りが楽しめます。

Continue reading