20210605_102831

「NEXIAの森づくり」と題した長良川上流域の植樹活動をめいほうスキー場でおこないました。
岐阜県内から集まった39名、約17家族が参加し、カラマツの苗木を100本植えました。

 

今年度、ななしんぼは地球環境基金の助成を受け、「森と人をつなげる活動」の一環として、植樹活動の裏方や進行役、そして、しくみづくりのお手伝いをさせてもらいました。

この活動は、関市の建築会社の名古路健社長からの、次世代を担う子ども達と共に森と人が共生できる社会をめざし、継続した森づくりを行っていきたいという提案から、明宝地域で長年植樹活動をおこなっている「明宝山里研究会」とめいほうスキー場(めいほう高原開発)の3社が協力し実現しました。
「NEXIA」は「つぎにつなぐ」と「しあわせ」を組み合わせた造語で、豊かな森を未来に残すことや、活動の輪が広がっていってほしいという願いが込められています。

今後は仲間を増やしながら持続的な植樹活動を行っていこうと、名古路社長の呼びかけで企業・個人からの協賛金も募っていく試みです。

 

IMG_3766

当日は天気にも恵まれ、気持ちのいい環境で作業ができました

IMG_3769
今回植えたカラマツは3歳くらいの小さな苗
倒れないように支柱で支えをします

IMG_3784
山里研究会のみなさんに教わりながら、子ども達もがんばりました!

IMG_3792

ななしんぼでは、参加者のみなさんに植樹が終わってからも植えた木と心がつながり、今後も明宝のこの地に足を運んでほしいという願いを込め、郡上の作家 ikeno mondoさんと協力して木のお守りプレートを制作。
ペンで模様をかいて、植樹をした苗木の目印として付けてもらいました。

IMG_3801

IMG_3798

IMG_3797

カラマツの形にくり抜いたプレート。
真ん中はお守りとして持ち帰ってもらいました。

 

IMG_3808
100本無事植え終わって記念撮影!




午後には、another home gujoの自然体験インストラクターが案内人となって源流の森を体験するモニターツアーを実施しました。
樹活動だけではなく、遊びからも森の豊かさや大切さを体感してもらうことで、参加者が継続的に森に通うことができるしくみを考えました。

IMG_3820

IMG_3824
源流の森の中を探検!
ワサビ、ミツバ、セリといったきれいな水が育む山菜
大きな桂の木、リスの食料庫も見ることができました。

案内人の由留木さんのお話を聞きながら
森と水、川のつながりを五感で感じます。

IMG_3821

湧き水を汲んでお茶やコーヒーをいれました
IMG_3829
20210605_144206
焚き火をして明宝の特産物を焼いて食べたり

IMG_3835 IMG_3846
IMG_3852

ツリークライミングにも挑戦!

いろんな冒険をした子ども達の顔つきは、帰る頃にはたくましく見えました。
遊びを入り口に、どんどん森への関心や学びを深めていってほしいと思います。

今後も四季を通じて森と人をつなげる川遊びや木登り、薪割りや焚き火などを盛り込み、上流域の森づくりの大切さを体感してもらう企画を実施予定です!

 

 

今回の活動に協力してくださった皆様、活動助成をしてくださった環境基金さま、ありがとうございました!
(お名前をクリックすると各団体さまのページに飛ぶことができます)

地球環境基金

another home gujo

mondo ikeno

名古路建築株式会社

明宝山里研究会

めいほうスキー場