dav

8月5日(水)に開催された郡上市図書館主催の夏休みこども教室。

今年は稲わらを使った子ども向けのわら細工教室を行いました。

みなさんは、稲わらでモノづくりをした経験はありますか?
わらは昔からいろいろな道具の材料に使われ、暮らしを支えてきました。
今では米づくりも機械化が進み、家でわらを作る家も少なくなったこともあり、明宝のような米作りが盛んな地域でも子どもたちもわらに触れる機会が減ってきました。

このワークショップには、モノづくりを通じて子ども達にわらに触れてもらい、わらのすごさや面白さを知ってもらいたいという願いが込められています。

明宝コミュニティセンターの2階集会室、12人の子ども達が参加しました。

Continue reading

郡上カンパニーの1期生・池野さんが、ななしんぼ・ものづくり工房に自作の製材機を携えて遊びに来てくれました!

20200910_120113

古木のうち、ごく稀に黒の文様のあらわれた柿は、「黒柿」といって珍重されるそうですが、そんな柿の木を持ち込んでいただいていた工房。しかしながら、女子二人では、大きなバンドソーを使うのが怖くって、怖くって、なかなか板材にすることができませんでした。

20200910_142834

そんな折、現れた救世主!
自作だというプチ製材機は、しっかり固定できて、怖くない。
森の恵みの資源活用事業に手を貸してくださっているanoter home gujoのユルさんも参戦してくださり、さくさくと切ることができました。
3Dプリンタやレーザーなど、あらゆる技術を取り入れてものづくりをされている、池野さんならではの知恵が凝縮されていました!

20200910_141324
20200910_145024

板材は、これまた固定された丸ノコで、安全安心、ささっと形を整えることができ、ななしんぼの木工旋盤で、みるみる木のお皿へと生まれ変わっていきました。

20200910_165314

工房にも常設できるよう、次は、この製材機をつくってみたいと思います!
池野さん、引き続きご指導お願いいたします!

ものづくり工房ななしんぼでは、里山の環境を豊かに保ち、未来に残し続けることを目標に、森や里山の恵みを使ったものづくりを行っています。

地域に暮らす先人たちの「循環する暮らし」から知恵をもらいながら、鹿革や竹、木をはじめ、ツルや稲ワラ、木の皮などを使い試行錯誤しながらさまざまなものづくりに挑戦しています。

 

地球環境基金の助成を受けて「森の恵みの手しごと会」を定期的に開催しています。「自然素材のものづくり」にご興味のある方はお問合せください。

問い合わせ:コミュニティカフェななしんぼ 電話0575-87-3799 open:11:00-15:00

 

5月ももうすぐ終わりですね。田植えも終わり、小さな苗が並ぶ田んぼにはたっぷりと水がはられています。あぜ道は綺麗に草が刈られ、緑の香りが気持ちのいい風に乗って漂ってきます。そんな穏やかな明宝の里山を車で走っていると、山沿いの斜面にピンク色の花を見つけることができます。
この花はタニウツギといい、スイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木で、別名「田植え花」とも呼ばれています。

 

タニウツギ

 

「奥美濃よもやま話」の1巻、第51話の「卯の花の咲くころ」の一節にこのような描写があります。

 

 

『雪のように白い卯の花に続いて、谷空木(タニウツギ)の桃色がかった、あでやかな赤い花も咲きました。かすかな風にそよぐ空木の花ごとに、小さな虫たちがさかんに出入りしています。ちょろちょろと音を立て始めた谷川沿いに、白い、赤い空木の花がべったり咲いています。』

Continue reading

IMG_1363

先の9月、明宝在住・出身の若者を対象とし、明宝地域づくりに関するアンケート調査を行われました。この結果を集約し、もっと具体的な意見を聞く場として、11月30日(金)、明宝コミュニティーセンター集会室において、「若者MOSO塾」が開催されました。
Continue reading