主催 明宝歴史資料館 明宝文化財保護協会 明宝振興事務所の共催
協力 森林文化アカデミー ななしんぼ
イベント・参加者募集


明宝の里山文化や山村の暮らしを伝える
「展示づくりワークショップ」

 明宝には、里山文化や昔の暮らしぶりを伝える民具、農具などが残っており、明宝歴史民俗資料館にも多くの品々が収蔵されています。山村の暮らし、そして、暮らしの中で自然と密接につながりながら生まれ育まれた道具は、地代へ引き継いでいく宝ともいえます。
 今回、こうした宝に光をあて、魅力や価値を引き出すとともに、多くの皆さんの心に残る効果的な展示について、みんなで企画しながら学び合う「展示づくりワークショップ」を開催することとしました。
 明宝歴史民俗資料館から道具たちが一歩外へと踏み出すことで、里山文化が織りなす新たな物語がはじまります。この「展示づくりワークショップ」の参加者を募集します。
 


<「山村生産用具の展示づくり」ワークショップ>

第1回 平成25726日(金)
第2回 平成2586日(火

【時間】19:30-21:30
【参加費】無料

【場所】 明宝歴史資料館地図

【定員】 25名程度

申し込み不要


■第1回 
・日 時 平成25年7月26日(金) 19:30~21:30  
・場 所 明宝歴史民俗資料館
・講 師 岐阜県立森林文化アカデミー 嵯峨准教授
・内 容 展示する資料選びと展示テーマを決めます。

■第2回 
・日 時 平成25年8月6日(火) 19:30~21:30 
・場 所 明宝歴史民俗資料館
・講 師 岐阜県立森林文化アカデミー 嵯峨准教授
・内 容 展示の具体的なプランづくり

■参加費 無料

■持ち物 特になし
■対象 子どもから大人まで、お誘い合わせのうえ、ご参加下さい!
夏休みに親子参加もぜひ!

【講座の参加について】
連続講座ですので、原則、続けて参加ください。難しい場合は、その旨ご連絡をお願いします。
※上記2回のワークショップ後に、展示制作活動、展示解説ソフトづくりなどを数回に分けて実施していきます。

【ワークショップでつくった展示物の展示場所】
展示場所は、明宝地域内の古民家など3か所を予定しています。

【ワークショップの実施に関して】
明宝歴史民俗資料館、明宝振興事務所、明宝文化財保護協会の共催事業で、協力は岐阜県立森林文化アカデミー、NPO法人ななしんぼです。

【問合せ】中間支援組織ななしんぼ 
TEL/FAX 0575-87-3799

Leave a Comment.