明宝文化財保護協会・明宝歴史民俗資料館 共同開催
イベント・参加者募集

シリーズ 歴史学習会
「夜んなびのいま」


地域の方を講師にお招きし、お話を伺いながら当時の生活を振り返ります。
資料館に収蔵されている民具を通して、里山の暮らしの中に凝縮しているた生きる知恵を学びます。
※夜んなびのいま=夜なべの居間

シリーズ歴史学習会(5)
<夜んなびのいま>
「畑作と施肥」
平成25年6月19日(水)
 19:30〜21:30
場所:明宝歴史民族資料館 1階地図
参加費:無料
講師:
小田久松さん(小川)
増田巌さん(寒水)


pdf 表示

5回目の今回のテーマは
「畑作と施肥」
明宝は昭和初期まで畑には麦、その後雑穀をまきアワ、キビ、ヒエを収穫し、常食とするのがごく普通の生活でした。そんな昔の農業(主に畑作や施肥)について学びます。

【主催】明宝文化財保護協会 明宝歴史民族資料館
【協力】明宝振興事務所 明宝公民館
【問合せ】明宝公民館 0575-87-2016

Leave a Comment.