スクリーンショット 2018-12-04 17.20.15

明宝山里研究会は今年も「めいほう里山もくもく市場」を開催されます。
山から出る間伐材や支障木を、薪ストーブの燃料として販売するものです。
明宝の大きな恵みの一つ山の資源を有効活用しようと、2010年から毎年秋に開催しています。
ここ数年はリピーターも増えてきました。
毎年この時期に遠方から明宝に足を運んでくださるお客様もみえ、
そんな出会いやお客様とのつながりも楽しみなのだと、主催の山里研究会のメンバーは話されます。

山の恵みが繋げてくれる、人と人とのご縁。
薪だけでなくそれもまた、寒い冬を暖かく越すための燃料なのかもしれません。

明宝山里研究会HP 

yujiijionsen

今年度の市の事業として、明宝温泉湯星館に木質バイオマスボイラーを導入し、12月の稼働を めざして準備を進めています。木質ボイラーはチップボイラーと薪ボイラーの2種類があり、このう ち、薪ボイラーの燃料として必要となる原木については、明宝地域内から調達する計画です。地域で つくるエネルギー循環の仕組みづくりにぜひご参加ください。
Continue reading