明宝歴史民俗資料館にて、9月6日(土)、今年第11回目の「夜んなびのいま」が開催されました。

今回は、久々の夜の開催です。

前回の夜んなびでは時間が足りず物足りなかった方、前回都合がつかず来られなかった方々などが集まりました。

祭礼間際の超多忙の中、先生や地元の方に大勢集まっていただき、「ぞうりとわらじ」作りに精を出しましたよ!

こちらは、先生が作った「わらじ」R0011765 (1024x768)

でかい! (写真では、よく分かりませんが…)

よく大きい五平餅を「ワラジ五平餅」なんて言って売ってますが、なるほどこれの事かと納得です。

明宝では、秋の祭礼や地芝居等でわらじ、ぞうりがまだ使われているので、お上手に作れられる方がたくさん!

この時も、生徒が片足も完成しないうちに、先生は両足分をちゃちゃっと作ってしまっていました。

わらじの編みはじめ

最後に、8月31日、9月6日とぞうり、わらじ作りをして、みんなが「難関!」という編みはじめの部分を、とっても簡単ですがまとめてみました。

これでおさらいしつつ、冬仕事にわらじを作りましょう~!

「夜んなびのいま」の今年の開催はこれで最後となります。

来年度、また皆さんと集まれることを楽しみにしています!

Leave a Comment.